柳河藩士

柳河藩士の先祖探し・家系図作成

■藩主の変遷
天正15年(1587)豊臣秀吉の九州平定に功績のあった立花宗茂が柳川城の城主となるが、慶長5年(1600)関ヶ原の戦で西軍に属したため失脚する。
かわりに田中吉政が入部する。田中吉政の跡を継いだ田中忠正には世継ぎがなく元和6年(1620)領地没収となる。同年、再び立花宗茂が再封する。

田中家
  初代 田中吉政
  2代 田中忠政

立花家
  初代 立花宗茂
  2代 立花忠茂
  3代 立花鑑虎
  4代 立花鑑任
  5代 立花貞俶
  6代 立花貞則
  7代 立花鑑通
  8代 立花鑑寿
  9代 立花鑑賢
  10代 立花鑑広
  11代 立花鑑備
  12代 立花鑑寛


■柳河藩士の分限帳

【現存する分限帳・記録】
元治元年(1864)・・・・・『柳河藩立花家分限帳』

※申し訳ありませんが上記・分限帳等の所在場所や内容についてのお問合せには応じられません。


■柳河藩士に見られる名字(苗字)
~元治元年(1864)『柳河藩立花家分限帳』 より~

青木 青柳 浅井 浅川 浅田 足達 麻生 阿部 安部 天野 荒井 荒木 淡輪 安東 安藤 家永 幾尾 生田 池末 池田 池邊 池部 石川 石田 石津 石橋 石松 磯部 板井 井手 井手口 伊藤 井上 荊 荊内 伊部 今泉 今村 今山 井本 岩井 岩永 因幡 牛嶋 牛田 牛原 碓井 臼杵 内田 内山 内山田 宇美 海輪 梅澤 江上 江口 江崎 江嶋 海老名 恵美 遠藤 王寺 大井 大石 大沢 大澤 大城 太田 大津 大塚 大林 大渕 大町 大村 大屋 岡 岡崎 岡田 緒方 岡部 沖 長田 小田 小田部 鬼 小野 甲斐 甲斐原 垣田 柿原 笠間 風斗 加園 片岡 加藤 金子 兼松 河野 河村 川村 神崎 北原 木付 木下 木本 京都 清田 草野 沓掛 隈 隈部 車田 黒野 桑原 小泉 高 糀嶋 古賀 古閑 小串 小佐井 後藤 小林 小原 米多比 小山田 近藤 斎藤 佐伯 坂井 坂田 坂本 桜井 佐々木 佐田 佐藤 里村 佐野 寒田 椎崎 塩見 志賀 重富 篠崎 篠沢 篠澤 柴田 嶋 嶋井 嶋添 清水 十時 蔣野 白井 城 城嶋 白仁 城戸 新中 末松 菅 菅野 杉本 杉森 鈴木 角 角田 関 瀬谷 宗 添田 曽我 外記 多賀 高尾 高田 高野 高橋 高畑 高宮 高山 寶珠山 瀧 田北 武石 竹迫 武嶋 竹原 田崎 田嶋 田尻 田代 多田 立花 田中 谷川 谷屋 玉井 玉真 柦 壇 筑紫 長 辻 津末 堤 椿原 津村 津留 靍田 寺岡 問註所 戸上 戸嶋 利光 戸塚 戸次 富安 友清 鳥執 長江 中嶋 長嶋 中野 永松 中村 中山 生形 成清 成瀬 名和 南部 南里 西 西田 仁科 西原 野上 野口 野田 野波 野間 野村 葉rだ 橋爪 籏 蜂谷 八尋 服部 馬場 濱田 林 原 原口 原尻 原田 春野 東 東原 光行 平田 平野 廣田 深井 深尾 福井 福原 藤井 藤田 富士谷 古沢 古森 不破 星 堀 堀内 堀江 本庄 前田 牧園 益子 益城 町野 松浦 松尾 松岡 松沢 松根 松野 松原 松吉 三池 右田 水上 水野 水原 峰 峯 三原 宮川 宮崎 宮地 向井 麦生 武藤 村尾 村田 村山 持木 本山 森 森下 守田 矢嶋 安武 安本 矢野 山上 山川 山崎 山田 山本 屋山 幸丸 由布 湯村 許斐 横地 吉岡 吉田 吉永 吉弘 吉村 吉原 世戸口 四ヶ所 渡邊 綿貫 渡部 詫摩


※出来るだけ正確を期しておりますが間違いがない事を保証することは出来ませんし、いかなる損害にも応じられませんのでご了承ください。


1000年たどる家系図の作り方


福岡藩士

福岡藩士の先祖探し・家系図作成

■藩主の変遷
慶長5年(1600)、関ヶ原の戦いの功績によって黒田長政が入封する。以降幕末まで黒田氏が藩主をつとめる。

  初代 黒田長政
  2代 黒田忠之
  3代 黒田光之
  4代 黒田綱政
  5代 黒田宣政
  6代 黒田継高
  7代 黒田治行
  8代 黒田治高
  9代 黒田斉隆
  10代 黒田斉清
  11代 黒田長溥
  12代 黒田長知


■福岡藩士の分限帳

【現存する分限帳・記録】
明治初年・・・・・『福岡藩士分限帳』

※申し訳ありませんが上記・分限帳等の所在場所や内容についてのお問合せには応じられません。


■福岡藩士に見られる名字(苗字)
~明治初年『福岡藩士分限帳』より~

合田 間嶋 青木 青柳 赤城 明石 県 秋原 秋山 浅香 浅田 浅山 味岡 麻生 安達 頭山 姉川 阿部 安部 天野 荒井 荒木 荒谷 荒巻 有田 有地 有馬 有村 有吉 粟生 安東 安藤 飯田 飯永 猪岡 幾嶋 生田 井口 伊熊 生熊 池内 池上 池田 池元 石井 石川 石里 石田 石津 石原 石部 石松 伊勢田 磯野 磯部 板垣 板付 伊丹 伊知地 伊岐 井土 井手 伊東 伊藤 稲葉 稲岡 稲光 猪野 井上 猪股 井原 茨木 今井 今中 今村 伊見 妹尾 岩城 岩隈 岩佐 岩崎 岩瀬 岩田 岩谷 岩手 岩永 因 印野 上杉 上田 上野 上原 上村 魚住 卯木 宇佐美 牛尾 臼井 臼杵 内田 宇都宮 内海 宇野 占部 馬杉 海津 海妻 梅沢 梅津 梅野 浦 浦上 浦江 浦田 浦野 瓜田 江上 江川 江角 江田 江藤 江守 尾石 尾江 大岡 大賀 多久 大久保 大里 太田 大田 大塚 大鶴 大西 大野 大橋 大原 大穂 大村 岡 岡崎 岡沢 岡田 緒方 尾形 岡部 岡松 岡村 岡本 岡山 小河 小川 沖 置鮎 荻野 荻原 奥山 尾崎 小田 小田部 越知 越智 小野 尾上 小幡 貝原 楓 垣生 各務 香西 笠城 梶川 柏原 梶原 粕屋 片 片岡 片田 片山 勝野 勝村 勝屋 加藤 金子 鎌田 蒲地 神代 神屋 神吉 亀井 香山 加来 辛嶋 川岡 川上 川口 川越 河崎 河嶋 川下 川瀬 川関 川波 河野 川端 川原 河原林 河村 菅 萑井 神崎 神田 菊地 岸 岸田 岸原 岸本 木全 北嶋 木谷 喜多村 吉武 木付 城戸 木戸 衣笠 木村 木屋 木山 京極 興膳 清原 桐山 久我 草場 櫛田 櫛橋 葛 楠 久世 国友 邦友 国部 国吉 久保 久保山 熊沢 熊本 久芳 倉成 倉橋 倉八 栗田 栗野 栗原 栗本 栗山 久留嶋 来嶋 黒岩 黒瀬 黒田 桑嶋 桑野 桑原 郡 毛津井 毛屋 小池 小石原 香江 小金丸 小壁 肥川 小館 児嶋 小島 小嶋 児玉 肥塚 小寺 後藤 小西 小林 小藤 小堀 小南 小嶺 薦野 小森 権藤 西郷 斎田 斎藤 斎村 幸田 佐伯 酒井 坂尾 坂口 坂田 坂巻 坂本 桜井 桜羽 左座 笹岡 佐々川 佐々木 佐々倉 佐田 佐谷 雑賀 佐藤 佐野 沢木 沢野 沢原 沢辺 三善 三笘 塩川 志賀 式田 茂田 重浜 重松 志田 舌間 篠尾 篠原 柴田 島 嶋 嶋井 嶋村 志水 清水 十時 庄崎 庄野 庄林 調 白水 城 白柿 新 新藤 末田 末竹 末永 杉 杉原 杉村 杉山 鈴鹿 鈴木 鱸 鈴熊 須藤 周防 角 澄川 隅田 関 関岡 関屋 芹田 善 千田 添田 曾我部 則木 側嶋 則立 薗木 大和 高井 高尾 高木 高嶋 高瀬 高田 高谷 鷹取 高野 高橋 高畠 高原 高宮 高村 高屋 高山 滝田 田口 竹井 竹内 竹尾 竹末 竹田 武田 竹中 武久 建部 竹森 武谷 田尻 田代 田隅 立川 立花 田中 谷 谷川 谷口 田原 田丸 田村 丹 団 近松 筑紫 千葉 千代 長 千輪 塚本 津川 月ヶ瀬 月形 月成 辻 辻山 津田 土屋 筒井 都筑 堤 恒屋 坪田 鶴原 手塚 寺井 寺尾 寺嶋 寺田 東郷 東野 陶山 戸川 時枝 徳末 徳永 得丸 徳安 戸倉 都甲 豊嶋 戸田 都地 轟 戸波 泊 富川 富田 富永 友枝 友納 外山 富山 豊田 豊村 鳥井 鳥居 永井 中江 長尾 中上 中川 中倉 中沢 長沢 中島 中嶋 永嶋 永田 長田 中谷 長富 中西 中野 永野 長野 長浜 中間 中村 中山 名護屋 夏脇 納屋 奈良原 南部 新野 二川 西川 西島 西田 西原 西村 二宮 貫 根中 根本 根来 野石 野方 野上 野口 野坂 野﨑 乗立 野田 野中 野間 野村 芳賀 箱田 長谷 長谷川 秦 畑 八尋 八田 服部 花田 花房 馬場 母里 浜田 葉室 早川 林 葉山 速水 原 原田 伴 番 東 疋田 樋口 久田 久永 久野 久間 久光 肥田 秀嶋 日向 日野 平井 平石 平岡 平賀 平川 平嶋 平瀬 平田 平塚 平野 平松 平山 広沢 広瀬 広田 広津 広羽 深川 深田 深見 福井 福嶋 福竹 福原 福屋 福山 藤 藤井 藤沢 藤嶋 藤田 藤野 藤林 藤本 淵上 船田 船津 船橋 船曳 古味 古市 古河 古川 古沢 古田 古高 古野 古藤 古屋 帆足 細井 細江 堀 堀尾 堀川 本城 本間 前田 牧 槇 牧坂 正木 増﨑 益田 増田 蒔田 真達 町田 松井 松浦 松尾 松岡 松隈 松崎 松下 松田 松原 松本 松山 的野 真鍋 真野 真藤 間部 万代 三浦 三木 三坂 三嶋 水崎 水谷 水野 三角 三隅 溝口 溝部 光安 皆田 蓑原 宮井 宮内 宮川 三宅 宮崎 宮田 宮村 宮本 宮森 宮山 三好 三輪 美和 牟田 武藤 宗 村井 村岡 村上 村沢 村瀬 村田 村山 恵良 毛利 持田 元田 森 森川 守田 森田 森戸 守屋 八木 八代 安井 安川 安河内 安住 安田 保田 安武 安谷 安永 安平 安見 柳瀬 屋成 矢野 藪 山内 山岡 山県 山口 山崎 山路 山鹿 山下 山田 山中 山根 山部 山本 山脇 湯浅 柚木 湯本 許斐 用田 横江 横川 横田 横地 吉井 吉浦 吉岡 吉川 吉崎 吉田 吉塚 吉積 吉富 吉永 吉成 吉見 吉村 吉本 吉安 吉留 四宮 米沢 笠 若松 脇坂 脇屋 脇山 和田 渡辺 綿貫 砦上 讃井

※出来るだけ正確を期しておりますが間違いがない事を保証することは出来ませんし、いかなる損害にも応じられませんのでご了承ください。


1000年たどる家系図の作り方


中津藩士

中津藩士の先祖探し・家系図作成

■藩主の変遷
天正15年(1587)、豊臣秀吉の九州統一後、黒田孝高が入封するが、慶長5年(1600)、筑前福岡へ移封。黒田氏に代わり、丹後田辺城主 細川忠興が領有することとなる。
寛永9年(1632)、細川氏が肥後国熊本へ移封され、播磨龍野から小笠原長次が入部する。
享保2年(1717)、奥平昌成が入封し、以降、幕末まで9代150年余にわたり奥平氏が支配する。

黒田家
  初代 黒田孝高
  2代 黒田長政
 
細川家
  初代 細川忠興

小笠原家
  初代 小笠原長次
  2代 小笠原長勝
  3代 小笠原長胤
  4代 小笠原長円
  5代 小笠原長邑

奥平家
  初代 奥平昌成
  2代 奥平昌敦
  3代 奥平昌鹿
  4代 奥平昌男
  5代 奥平昌高
  6代 奥平昌暢
  7代 奥平昌猷
  8代 奥平昌服
  9代 奥平昌邁



■中津藩士の分限帳

【現存する分限帳・記録】
『幕末中津藩士人名録』
『豊前中津藩士銘々帖』

※申し訳ありませんが上記・分限帳等の所在場所や内容についてのお問合せには応じられません。


■中津藩士に見られる名字(苗字)
~『幕末中津藩士人名録』 より~

相田 間子 間利子 青木 赤松 秋元 秋吉 阿久津 朝倉 浅田 浅沼 蘆田 阿知波 渥美 跡部 阿部 安部 尼ケ崎 天野 荒尾 荒川 有家 安藤 飯島 飯田 飯沼 飯見 衣川 生田 井口 石井 石川 石黒 石橋 石松 石丸 磯貝 磯田 磯谷 磯見 市場 一松 逸見 伊東 稲浦 井上 猪飼 今井 今泉 今沢 今津 今富 今宮 今村 伊与田 入江 岩井 岩崎 岩田 岩本 上沢 上杉 上野 鵜飼 宇梶 宇佐美 臼木 内田 梅田 梅津 江野 大江 大木 大久保 大谷 大富 大西 大橋 大町 大森 岡崎 拝崎 岡田 岡野 岡見 岡本 小川 奥平 奥山 小栗 小沢 於田 小田部 落合 小野 尾林 恩田 甲斐 加来 角 春日 片岡 片倉 加藤 金枝 神奈川 金田 神尾 神羽 神谷 辛島 唐津 川上 川口 川崎 川島 川田 川谷 川野 川端 川俣 神田 菊池 北尾 喜多村 木野 君島 木村 桐野 桐村 日下 久保 久保田 熊谷 熊田 倉成 黒岩 黒金 黒沢 黒瀬 黒屋 桑谷 桑名 桑原 向坂 古宇田 河野 甲楽城 小形 小岸 越川 小幡 小林 小松 近藤 今野 斎藤 斉藤 阪井 酒井 坂本 佐久間 桜井 桜田 佐々木 笹部 佐島 佐竹 幸原 佐藤 佐野 沢田 沢渡 下岡 篠原 芝間 柴山 島田 島津 志村 下村 白石 白田 城所 新開 新庄 末貞 末広 須賀 菅沼 杉田 杉本 鈴木 須田 須藤 瀬川 関 瀬口 瀬沢 瀬間 園田 高石 高木 高田 高橋 高間 高山 多川 滝川 滝本 竹内 竹下 武下 武島 武田 武智 田沢 田島 田代 立木 田辺 田町 田村 為末 田山 垂水 筑紫 筑摩 塚本 月岡 津崎 津田 土屋 恒藤 坪 坪倉 坪坂 妻木 手島 手嶋 手塚 天能 東條 土岐 徳田 戸倉 戸田 富田 富永 富山 戸室 豊浦 豊田 内藤 永井 永江 中上川 中里 中島 中嶋 永島 中西 中根 中野 永野 永松 中村 中山 夏目 楢原 成瀬 西尾 西岡 西郡 西谷 西原 二宮 庭田 根来 練形 野口 野原 野村 野本 萩田 萩野 萩原 橋本 八田 服部 羽生 浜田 浜野 早川 林 林崎 速見 原 原岡 原田 晴野 阪 半田 東 樋口 久恒 久松 左竹 平井 平野 広沢 広瀬 福岡 福島 福田 福知 福見 藤井 藤木 藤沢 藤田 藤野 富士野 藤巻 藤本 舟羽 古川 古田 保科 星野 細田 堀田 堀 堀内 本條 本田 本部 前沢 前野 前山 牧野 征矢野 増田 間田 松井 松岡 松掛 松門 松川 松木 松崎 松田 松原 松本 松山 間野 丸尾 丸岡 丸山 三浦 三木 水 水島 三田 南 南摩 三原 三宅 宮沢 宮野 宮村 宮本 三好 三輪 武藤 向野 村岡 村上 村越 村崎 村瀬 村田 村松 牟禮 望月 森 森下 守谷 安岡 安村 簗 柳 矢野 矢野目 山家 山尾 山川 山口 山崎 山田 山本 横井 横山 吉川 吉田 舁嶋 吉松 米山 和田 渡辺 和知 諌山 実珠山 標葉 梁


※出来るだけ正確を期しておりますが間違いがない事を保証することは出来ませんし、いかなる損害にも応じられませんのでご了承ください。


1000年たどる家系図の作り方


西条藩士

西条藩士の先祖探し・家系図作成

■藩主の変遷
寛永13年(1636)、一柳直盛が伊勢神戸から転封となるが就封の途中で死去する。一柳直盛の長男 直重が継承し西条藩の成立となる。。

一柳家
  初代 一柳直盛
  2代 一柳直重
  3代 一柳直興

松平家(紀州徳川分家)
  初代 松平頼純
  2代 松平頼致
  3代 松平頼渡
  4代 松平頼邑
  5代 松平頼淳
  6代 松平頼謙
  7代 松平頼看
  8代 松平頼啓
  9代 松平頼学
  10代 松平頼英


■西条藩士の分限帳

【現存する分限帳・記録】
明治9年(1876)取調禄高台帳・・・・・『西條藩士族姓名簿』

※申し訳ありませんが上記・分限帳等の所在場所や内容についてのお問合せには応じられません。


■西条藩士に見られる名字(苗字)
~明治9年(1876)取調禄高台帳『西條藩士族姓名簿』 より~

合田 相場 青野 赤尾 雨森 池内 池田 石田 石村 伊藤 稲見 猪川 岩間 上田 大澤 大田 岡 奥山 越知 御厨 國田 小池 五島 薦田 小山 近藤 在間 佐伯 酒井 眞田 佐波 澤田 三品 塩崎 塩谷 塩見 篠原 柴田 渋谷 下島 首藤 白石 仙波 園部 高井 高橋 竹下 多田 伊達 田辺 谷口 玉井 田渡 丹崎 田坂 直田 永澤 中台 中原 生熊 難波 ニ神 信藤 馬場 濱崎 桧垣 平田 深津 福島 福本 藤池 藤田 筆岡 文野 保坂 堀 正井 松原 松本 眞鍋 馬渕 美濃部 宮崎 宮嶋 望月 森田 和田 渡辺 阿曽 阿蘇 愛久沢 安永 安田 安藤 安部 伊佐 伊東 為谷 井澤 井下 井原 井上 井沢 井内 磯 一色 宇高 宇佐美 宇治村 羽生 臼井 永易 永井 永田 永島 越智 塩田 塩出 奥田 奥野 横井 横田 岡崎 岡田 岡本 音井 下村 加藤 加茂 河野 外山 葛山 管 間部 関合 丸茂 岩橋 岩佐 岩崎 岩本 喜多野 亀井 儀我 吉井 吉岡 吉見 吉川 吉村 吉田 久門 久葉 宮本 弓山 牛田 橋本 興津 玉川 金子 熊井 栗本 経本 月原 見玉 原 原田 好野 工藤 江上 江川 荒井 香取 高 高久 高原 高師 高石 高村 高木 黒川 今井 佐俣 佐々木 佐藤 妻島 妻木 細谷 坂本 雑賀 三宅 三谷 三野 山井 山口 山崎 山村 山田 山本 山名 山野 児玉 寺川 寺村 寺田 若原 手島 秋山 秋葉 十亀 勝 小笠原 小原 小高 小寺 小川 小泉 小島 小野 小林 松房 松井 松永 松尾 沼口 新居 新名 森 森澤 森川 森島 森本 真鍋 真木 神先 神田 神保 神野 秦 諏訪部 菅野 成島 星加 正木 生駒 西原 西山 西堀 青木 斉藤 石川 赤堀 設楽 千種 川原 川口 川合 川上 川村 浅井 前田 曽我 倉橋 相馬 増田 村上 村田 打田 大浦 大久保 大橋 大森 大西 大川 大村 鷹林 谷崎 丹 丹廣 丹羽 丹野 竹田 竹内 中筋 中根 中山 中村 中島 中野 猪山 長坂 長谷川 長尾 鳥井 鳥谷 津田 辻 堤 田井 田邊 都築 土岐 土居 島 島田 東 東城 藤井 藤原 藤村 徳永 徳増 内村 内田 南方 難波江 日野 入山 柏木 薄木 畑野 畠山 伴 飯島 尾崎 富永 富川 富田 武田 服部 福井 米田 片上 片野 保科 豊田 豊嶋 北村 名倉 明上 木村 門田 野間 野口 野田 野々下 矢田 矢葺 矢野 友松 林 鈴木 鷲見

※出来るだけ正確を期しておりますが間違いがない事を保証することは出来ませんし、いかなる損害にも応じられませんのでご了承ください。


1000年たどる家系図の作り方


小松藩士

小松藩士の先祖探し・家系図作成

■藩主の変遷
寛永13年(1636)、一柳直盛が伊勢神戸から転封となるが就封の途中で死去する。一柳直盛の三男 直頼が寛永15年(1638)新居郡新屋敷村を開墾し陣屋を構え小松藩が成立。以降、明治維新までの235年間9代にわたり一柳氏が藩主をつとめる。

  初代 一柳直頼
  2代 一柳直治
  3代 一柳頼徳
  4代 一柳頼邦
  5代 一柳頼寿
  6代 一柳頼欽
  7代 一柳頼親
  8代 一柳頼紹
  9代 一柳頼明


■小松藩士の分限帳

【現存する分限帳・記録】
文久3年(1863)・・・・・『小松藩士分限帳』

※申し訳ありませんが上記・分限帳等の所在場所や内容についてのお問合せには応じられません。


■小松藩士に見られる名字(苗字)
~文久3年(1863)『小松藩士分限帳』 より~

青木 青山 安東 飯塚 池原 石黒 一柳 一色 井上 岩田 宇佐美 宇高 宇野 遠藤 大久保 岡居 岡田 加地 加藤 鎌田 神野 岸田 喜多川 黒石 黒川 黒田 近藤 佐伯 佐名木 沢井 塩出 杉野 菅 瀬川 世古 田岡 高木 高橋 田川 武方 武司 竹鼻 田中 棚橋 谷口 田村 丹 寺尾 戸田 長尾 中嶋 永野 中村 西 能智 長谷川 長谷部 服部 原田 福田 藤田 伏見 二俣 松尾 松木 宮田 武藤 村上 免取 元山 森田 矢野 和爾


※出来るだけ正確を期しておりますが間違いがない事を保証することは出来ませんし、いかなる損害にも応じられませんのでご了承ください。


1000年たどる家系図の作り方


岡山藩士

岡山藩士の先祖探し・家系図作成

■藩主の変遷
慶長5年(1600)、小早川秀秋が入封するが後継ぎがなく、慶長7年(1602)死去し小早川家は絶家となる。その後、播磨姫路城主 池田輝政の次男・忠継が岡山に入る。

小早川家
  初代 小早川秀秋

池田家
  初代 池田忠継
  2代 池田忠雄
  3代 池田光仲
 
池田家宗家
  初代 池田光政
  2代 池田綱政
  3代 池田継政
  4代 池田宗政
  5代 池田治政
  6代 池田斉政
  7代 池田斉敏
  8代 池田慶政
  9代 池田茂政
  10代 池田章政


■岡山藩士の分限帳

【現存する分限帳・記録】
寛延19年(1642)・・・・・『岡山藩 侍帳』
慶応3年(1867)・・・・・『岡山藩 侍帳』

※申し訳ありませんが上記・分限帳等の所在場所や内容についてのお問合せには応じられません。


■岡山藩士に見られる名字(苗字)
~慶応3年(1867)『岡山藩 侍帳』 より~

青木 青地 青山 赤座 秋田 浅野 芦川 芦田 芦屋 荒尾 粟井 安東 安藤 飯田 井かがわ 伊木 池田 生駒 伊澤 石尾 石黒 石田 石津 石原 石丸 磯邊 伊丹 市浦 市原 市村 一森 一色 出石 伊東 伊藤 稲川 稲葉 伊庭 犬塚 井上 茨木 伊法 今井 今枝 今田 入江 入田 岩井 岩田 上泉 植木 上島 宇治 薄田 内田 宇津木 浦上 江崎 榎 江見 大内 大口 大久保 大島 大杉 太田 大橋 大村 岡 岡崎 岡田 緒方 岡本 小川 隠岐 沖 奥田 尾関 尾上 香川 垣見 角南 景山 笠井 梶浦 梶川 梶田 柏尾 糟谷 片山 勝原 勝部 加藤 門田 香取 金谷 蠏江 金光 加納 神坂 神屋 亀嶋 軽部 河合 河口 川口 河崎 河瀬 河田 河原 木崎 岸 岸本 木全 喜多嶋 木畑 草谷 楠原 國府 國見 久保田 窪田 熊谷 熊澤 久留嶋 桑原 香西 上坂 郷司 河野 苔口 小崎 兒島 小谷 小畠 小原 小堀 駒田 小森 近藤 斎木 齋藤 坂井 櫻井 佐々 笹谷 佐谷 佐藤 佐分利 澤井 澤田 澤原 篠岡 篠村 柴岡 柴田 下方 下濃 荘野 神 進藤 須加 杉浦 杉山 菅 鈴木 進 鈴村 雀部 須藤 千馬 仙石 草加 田上 多賀 高木 高桑 高崎 瀧 瀧川 瀧波 田口 竹家 竹内 武田 竹村 田坂 立野 田中 谷 谷川 太西 玉井 玉虫 田宮 丹比 津川 辻 津田 土倉 堤 寺尾 寺崎 寺澤 寺本 土肥 富田 豊川 内藤 中尾 中川 中嶋 中野 中村 長屋 那須 生形 行田 成瀬 西浦 西村 丹羽 野口 野﨑 能勢 野々村 野間 野村 芳賀 萩田 橋本 長谷川 波多野 蜂谷 服部 花房 塙 羽原 馬場 早川 林 林崎 原 原田 春田 伴 番 日置 土方 檜村 姫井 平賀 平野 廣内 廣澤 廣田 深谷 福嶋 福田 福原 藤井 藤岡 淵本 舟戸 船橋 古澤 古田 別所 堀 堀内 堀兼 本郷 前田 牧野 槙村 松尾 松島 松田 松原 松村 松本 松山 丸毛 丸山 万代 三上 水主 水野 水原 三谷 光岡 見戸 南 宮城 三宅 宮部 武藤 村井 村上 村川 村木 村瀬 村田 村山 森 森川 森嶋 守田 森寺 森本 安田 藪井 矢部 山内 山縣 山川 山口 山崎 山瀬 山田 山中 山根 山本 山脇 湯浅 横井 吉崎 吉田 和田 渡邊


※出来るだけ正確を期しておりますが間違いがない事を保証することは出来ませんし、いかなる損害にも応じられませんのでご了承ください。


1000年たどる家系図の作り方


加納藩士

加納藩士の先祖探し・家系図作成

■藩主の変遷
慶長6年(1601)、上野木幡の領主であった奥平信昌が入封する。幕末は、武蔵岩槻から入封した永井氏が6代(永井直陳→永井尚備→永井直旧→永井尚佐→永井尚典→永井尚服)にわたり治める。

  奥平家
   ↓
  大久保家
   ↓
  松平(戸田)家
   ↓
  安藤家
   ↓
  永井家


■加納藩士の分限帳

【現存する分限帳・記録】
『加納藩分限帳』
 ・・・嘉永の頃
 ・・・慶応の頃
明治2年(1869)・・・・・加納藩政治官の職制
明治7年(1874)・・・・・加納県士族卒禄高


※申し訳ありませんが上記・分限帳等の所在場所や内容についてのお問合せには応じられません。


■加納藩士に見られる名字(苗字)
~慶応の頃『加納藩分限帳』より~

青木 赤木 浅岡 芦沢 安達 天野 有藤 安藤 飯田 飯沼 飯村 伊坂 石川 石田 泉 市川 伊藤 乾 井上 今井田 上野 鵜飼 内山 浦田 江戸 榎本 海老原 遠藤 大久保 大河内 大角 太田 大塚 小川 荻野 奥谷 奥津 小倉 落合 小野寺 小原 加々爪 角野 片尾 片岡 片桐 金子 加納 神谷 神山 河合 川上 川口 川崎 河野 川畑 岸田 北尾 北川 木寺 木野村 木原 木村 草河 国井 国友 久保田 車田 黒瀬 黒田 桑田 小池 甲田 幸寺 小久江 小島 小嶋 後藤 木幡 小山 斎木 斎藤 酒井 佐藤 篠崎 篠田 篠原 嶋 清水 白井 新貝 神保 杉井 杉浦 杉下 須藤 関戸 仙石 高井 田神 滝 滝川 滝沢 竹内 竹田 武田 田島 田中 田辺 茅野 辻 堤 坪内 東郷 土岐 徳田 戸田 鳥井 中川 永田 中野 長野 中村 成田 名和 西川 西野 根村 長谷川 服部 林 速水 樋口 久村 日野 兵藤 平石 平田 平本 広江 広瀬 深沢 深津 福田 福地 藤沢 藤田 法貴 堀 堀江 真崎 松原 真鍋 馬淵 丸尾 丸山 三倉 三島 三嶋 水野 溝口 光枝 三村 宮内 村上 百田 森 安池 安岡 八幡 山岡 山下 山田 山根 山本 横田 横山 吉田 力丸 鷲見 和田 渡辺


※出来るだけ正確を期しておりますが間違いがない事を保証することは出来ませんし、いかなる損害にも応じられませんのでご了承ください。


1000年たどる家系図の作り方


西尾藩士

西尾藩士の先祖探し・家系図作成

■藩主の変遷
慶長6年(1601)下総国小篠で知行していた旗本 本多康俊が2万石で立藩する。そのと、譜代大名は頻繁にかわる。

  本多家
   ↓
  松平(大給府内)家
   ↓
  本多家
   ↓
  太田家
   ↓
  井伊家
   ↓
  増山家
   ↓
  土井家
   ↓
  三浦家
 ↓
松平(大給西尾)家


■西尾藩士の分限帳

【現存する分限帳・記録】
『西尾藩大給松平氏の分限帳』
 ・・・明和元年(1764)のもの
 ・・・弘化3年(1846)のもの
 ・・・馬場町盛巌寺所蔵のもの2種類
 ・・・明治2年11月改のもの

※申し訳ありませんが上記・分限帳等の所在場所や内容についてのお問合せには応じられません。


■西尾藩士に見られる名字(苗字)
~明治2年11月改『西尾藩大給松平氏の分限帳』より~

相沢 相澤 青木 赤江 赤沢 秋山 浅井 浅岡 麻倉 阿津田 阿部 天野 荒井 粟生 粟尾 案岡 安藤 飯田 飯高 飯塚 五十嵐 生田 池田 池町 石井 石川 石田 石塚 石橋 磯貝 磯野 板倉 市井 市川 伊東 伊藤 稲生 稲垣 伊庭 井野 井上 今井 今岡 今関 今村 岩井 岩崎 上田 内田 内山 宇野 梅沢 梅村 梅本 浦井 浦野 江崎 榎本 江平 大木 大熊 太田 大竹 大谷 大塚 大野 大橋 大藤 大村 大門 岡田 岡本 緒河 小河 小川 荻野 荻山 奥田 奥村 小倉 尾崎 小沢 押田 尾嶋 尾出 乙部 尾西 鬼嶋 小野田 尾原 恩田 加賀 笠原 加藤 門倉 金折 金原 金子 神谷 加茂 河合 河崎 川嶋 川住 川田 川邊 川村 木内 木川 木口 木田 木村 清宮 日下 国友 国府 久保 栗原 黒田 黒野 小池 小口 小熊 児嶋 小嶋 小竹 小濱 小林 小堀 小松 駒宮 小宮 近藤 斎藤 佐伯 三枝 坂 堺 酒井 榊原 坂田 坂本 作田 桜井 佐々 佐藤 佐野 澤田 椎名 鹿倉 重野 篠原 柴田 芝田 渋谷 清水 志村 下井 下村 新家 菅 菅沼 杉浦 杉崎 杉田 杉戸 杉山 鈴木 須田 須藤 関 関口 千本木 外山 多賀 高木 高須 高瀬 高津 高橋 高原 田口 竹沢 竹田 竹地 竹本 多崎 田沢 田澤 田代 田中 谷崎 種村 玉木 田村 千野 千葉 津川 佃 柘植 辻 土屋 筒井 鶴田 手嶋 出村 寺田 寺本 遠山 土岐 徳田 戸田 戸松 冨島 冨田 鳥居 内藤 直江 長尾 中川 中澤 長澤 中嶋 永田 永谷 中西 中根 中野 永野 中村 夏海 成瀬 難波 新美 仁加保 西村 西脇 丹羽 沼田 野上 野口 野原 野村 萩山 長谷 長谷川 羽田 畑田 初谷 服部 馬場 羽生 羽村 早川 林 早野 葉山 原 原田 伴 樋口 平井 平山 廣石 廣瀬 深津 深見 福嶋 福田 藤木 藤倉 藤崎 藤田 藤巻 藤村 古川 古山 別所 堀田 堀 堀川 堀口 本郷 本多 本間 前田 真柄 牧 牧野 枕本 松井 松木 松崎 松田 松平 松原 松村 松本 丸尾 丸山 水野 水房 三竹 三井 光野 南 宮路 三輪 向 武藤 村井 村上 村田 村松 村山 茂手木 森 盛 八木 矢嶋 安丸 柳瀬 柳橋 柳原 矢野 山内 山川 山口 山崎 山下 山田 山中 山本 横田 横山 吉尾 吉岡 吉田 米山 若尾 若林 鷲田 和田 渡邊 綿貫 鋤柄


※出来るだけ正確を期しておりますが間違いがない事を保証することは出来ませんし、いかなる損害にも応じられませんのでご了承ください。


1000年たどる家系図の作り方


飯田藩士

飯田藩士の先祖探し・家系図作成

■藩主の変遷
慶長6年(1601)、下総国古河から小笠原秀政が入封。慶長18年(1613)に松本へ転封され、飯田藩は廃藩となる。
元和3年(1617)、伊予国大洲から脇坂安元が入封する。
寛文12年(1672)、脇坂安元を継いだ脇坂安政が播磨国龍野へ移封され、同年、下野国烏山から堀親昌が入封する。

小笠原家
  初代 小笠原秀政

脇坂家
  初代 脇坂安元
  2代 脇坂安政

堀家
  初代 堀親昌
  2代 堀親貞
  3代 堀親常
  4代 堀親賢
  5代 堀親庸
  6代 堀親蔵
  7代 堀親長
  8代 堀親忠
  9代 堀親民
  10代 堀親シゲ
  11代 堀親義
  12代 堀親広


■飯田藩士の分限帳

【現存する分限帳・記録】
明治3年(1870)・・・・・『堀家分限帳』
明治2年(1869)・・・・・『旗本近藤家分限帳』
明治元年(1868)・・・・・『小笠原家分限帳』
宝暦12年(1762)・・・・・『知久家分限帳』

※申し訳ありませんが上記・分限帳等の所在場所や内容についてのお問合せには応じられません。


■飯田藩士に見られる名字(苗字)
~明治3年(1870)『堀家分限帳』 より~

合田 赤川 赤羽 秋元 阿久沢 天野 荒井 淡路 安東 飯井 池田 石井 石沢 井下 石田 泉 伊谷 伊丹 市瀬 一色 稲田 井上 伊原 岩沢 印南 遠藤 大石 大沢 太田 大橋 岡沢 岡田 岡庭 小川 小沢 御薗生 鏑木 神合 川手 北原 木下 木村 久保田 窪田 熊谷 倉田 黒須 黒田 小池 小木 小木曽 小島 小林 斉藤 桜井 佐々木 佐藤 佐野 沢村 三羽 塩沢 潮田 下井 篠田 島地 清水 杉本 鈴木 関口 関島 大工原 高沢 高野 高橋 高原 滝 滝川 滝田 竹村 田代 田総 館野 田中 谷 束原 束東 辻元 勅使河原 富田 中島 中山 那須 成瀬 西尾 西村 丹羽 野々口 野原 野村 羽島 羽生 林 原 原田 菱田 福沢 福島 藤枝 藤田 藤本 星 星山 堀 本多 本堂 松井 松岡 松島 松村 丸山 三浦 水野 光沢 宮崎 宮沢 宮脇 向井 村沢 森 矢沢 矢島 安江 安富 谷田部 柳川 柳田 山上 山口 山路 山下 山名 山村 與 吉川 吉沢 吉田 吉村 米本 和田 渡辺

※出来るだけ正確を期しておりますが間違いがない事を保証することは出来ませんし、いかなる損害にも応じられませんのでご了承ください。


1000年たどる家系図の作り方


高須藩士

高須藩士の先祖探し・家系図作成

■藩主の変遷
慶長5年(1600) 高木盛兼が関ヶ原の戦いに敗れ、徳永寿昌が入封して立藩。その後一時廃藩となるが、寛永17

年(1640)小笠原貞信が入封するが、水害がたび重なり再び廃藩となる。
元禄13年(1700)松平義行が入封し再び高須藩が成立する。

徳永家
  初代 徳永寿昌
  2代 徳永昌重

小笠原家
  初代 小笠原貞信

松平(尾張)家
  初代 松平義行
  2代 松平義孝
  3代 松平義淳
  4代 松平義敏
  5代 松平義柄
  6代 松平義裕
  7代 松平義当
  8代 松平義居
  9代 松平義和
  10代 松平義建
  11代 松平義比
  12代 松平義端
  13代 松平義勇
  14代 松平義生


■高須藩士の分限帳

【現存する分限帳・記録】
『徳永氏の家臣団』
『小笠原氏の家臣団』
明暦から文化・・・・『松平家の藩士』

※申し訳ありませんが上記・分限帳等の所在場所や内容についてのお問合せには応じられません。


■高須藩士に見られる名字(苗字)
~『徳永氏の家臣団』の記録より~

青木 安部 荒木 安藤 伊木 井口 市村 稲垣 稲葉 茨木 今堀 今村 岩田 臼井 宇田 大野 大横 岡田 小川 小野 貝持 加川 片岡 片山 勝見 加納 川原 河藤 川村 川本 菊岡 木村 葛牧 久瀬 九津見 国房 栗田 黒田 桑原 五井 上坂 五野井 小村 酒井 鹿野 柴田 渋谷 清水 志村 下田 神保 杉村 曽我 田賀 高木 高瀬 高橋 竹中 武光 竹山 辻 津田 堤 徳永 豊田 屯 中川 中島 中津町 中野 中村 中山 西 西崎 西脇 丹羽 野上 野崎 長谷川 早川 林 早藤 伴 東 平尾 広瀬 深尾 藤田 古市 古川 古田 堀田 松尾 松宮 松村 松本 丸毛 水野 道 宮川 宮田 村田 森 柳瀬 山崎 吉田 吉永 和田 渡辺 渡部


※出来るだけ正確を期しておりますが間違いがない事を保証することは出来ませんし、いかなる損害にも応じられま

せんのでご了承ください。


1000年たどる家系図の作り方




水戸藩士

水戸藩士の先祖探し・家系図作成

■藩主の変遷
水戸城主の佐竹義宣が慶長7年(1602)出羽国秋田へ移り、かわりに徳川家康の五男 武田信吉が水戸城主となるが翌年に病死し、徳川家康の十男 徳川頼宣が水戸城主となる。
慶長14年(1609)徳川頼宣は駿河国駿府へ移り、下妻から徳川頼房が移封されたことにより水戸藩は確立する。
以降、廃藩まで同家が藩主を務める。

武田(徳川)家
  初代 武田信吉

徳川(紀州)家
  初代 徳川頼宣

徳川(水戸)家
  初代 徳川頼房
  2代 徳川光圀
  3代 徳川綱条
  4代 徳川宗堯
  5代 徳川宗翰
  6代 徳川治保
  7代 徳川治紀
  8代 徳川斉脩
  9代 徳川斉昭
  10代 徳川慶篤
  11代 徳川昭武


■水戸藩士の分限帳

【現存する分限帳・記録】
寛政5年(1793)・・・・・『水戸御国武鑑』
寛文9年(1669)・・・・・『寛文規式帳』
万延元年(1860)・・・・・『水戸藩御規式帳』
寛文~万延・・・・・『江水御規式帳』

※申し訳ありませんが上記・分限帳等の所在場所や内容についてのお問合せには応じられません。


■水戸藩士に見られる名字(苗字)
~寛政5年(1793)『水戸御国武鑑』 より~

会沢 相田 相羽 相原 青木 青山 赤井 赤須 赤林 秋山 圷 朝倉 浅田 麻田 浅羽 朝比奈 芦川 芦沢 芦田 安積 跡部 跡辺 阿部 阿辺 尼子 天野 天海 雨宮 鮎沢 新井 荒川 荒槙 有賀 安藤 飯島 飯田 飯塚 飯村 伊王野 生熊 池田 池原 生駒 井坂 石河 石川 石野 石原 石山 井田 板橋 市川 市毛 一瀬 逸見 井出 伊藤 稲葉 井上 猪飼 猪早 今井 今村 入江 入谷 岩井 岩崎 岩淵 上河辺 鵜飼 宇都宮 鵜殿 宇野 海野 梅沢 梅村 榎本 江幡 江原 遠藤 大井 大内 大久保 大島 大関 大田 大竹 大田原 大津 大塚 大野 大場 大橋 大畠 大原 大嶺 大宮 大森 大和田 岡崎 小笠原 岡嶋 岡田 岡野 岡部 岡見 岡村 岡本 岡山 小川 荻 興津 奥山 尾崎 小田 小田部 越知 落合 乙部 鬼沢 小野 小原 小山田 筧 蔭山 笠井 加治 梶 梶川 樫原 鹿島 梶間 柏 片尾 片岡 鰹木 加藤 香取 兼子 神代 神永 神山 亀井 鴨志田 茅根 軽部 川合 川上 川島 川瀬 川田 川津 川西 川野 河原 川辺 川方 川又 川村 神田 木内 菊池 北川 北河原 木原 木股 君島 木村 草川 楠 久世 国友 久米 倉嶋 倉次 栗田 栗原 桑原 桑屋 小池 小泉 鯉渕 向坂 小国 国分 小沢 小嶋 小瀬 児玉 古都 後藤 小林 駒井 駒田 小松 小宮山 小宅 小柳 小山 近藤 西郷 斎藤 坂井 酒井 堺野 堺屋 坂内 榊 坂田 坂場 佐久間 桜井 佐々 佐々木 笹本 佐谷 雑賀 佐藤 里見 佐野 塩谷 塩津 篠本 柴田 嶌 嶋村 清水 下河部 下野 庄 白井 白石 白須 城所 新家 菅 菅沼 杉浦 椙浦 杉原 杉山 助川 鈴木 須藤 関 関口 瀬谷 前沢 添田 外川 薗部 田井 代田 多賀 高市 高木 高倉 高田 高野 高橋 高畑 高森 高安 高山 滝田 滝藤 竹内 多々 立花 立原 多次見 田土部 田中 田辺 谷 田丸 田村 丹太 近野 近安 千葉 津川 辻 津田 土屋 都筑 津村 靏見 手塚 寺門 寺嶋 照沼 土井 東条 遠山 徳田 戸田 鳥羽 飛田 戸牧 戸祭 富岡 富田 戸村 富山 豊嶋 鳥居 内藤 永井 長尾 長島 長嶋 長瀬 永田 中主 中根 中野 中村 中山 永山 名越 名古屋 鳴海 二川 西 西野 丹羽 額田 沼田 根本 能瀬 野中 野々山 信木 野村 芳賀 萩谷 萩原 橋詰 橋本 蓮沼 荷見 長谷川 幡鎌 服部 塙 羽太 馬場 浜島 浜野 早川 林 原 原田 垪和 伴 彦坂 久貝 久方 久木 肥田 人見 日向 檜山 平尾 平方 平沢 平塚 平野 平山 広岡 深沢 福池 福王 福田 福生 福原 藤 武士 藤咲 藤田 藤西 藤村 布施 舟生 古沢 経嶋 穂坂 堀口 本郷 本間 前木 前嶋 前田 前野 真木 増子 増谷 増山 松井 松浦 松岡 松崎 松田 松平 松延 松葉 松原 松村 松本 間々 丸山 万沢 三浦 三木 水沢 水野 溝江 三谷 道口 三橋 皆川 美濃部 三村 宮井 宮川 宮田 宮寺 宮部 宮本 三輪 武藤 村上 村島 村田 望月 本沢 森 森本 師岡 門奈 門屋 八木 矢島 安食 安島 安松 矢田 谷田部 矢都木 柳瀬 柳原 矢野 矢部 山内 山方 山口 山国 山崎 山下 山田 山野辺 山本 結城 床井 弓削 楊 余語 横沢 横谷 横山 吉川 吉田 吉成 吉野 吉見 吉村 依田 力石 若林 渡井 渡辺 綿引 渡部


※出来るだけ正確を期しておりますが間違いがない事を保証することは出来ませんし、いかなる損害にも応じられませんのでご了承ください。


1000年たどる家系図の作り方


大聖寺藩士

大聖寺藩士の先祖探し・家系図作成

■藩主の変遷
寛永16年(1639)、加賀藩3代藩主 前田利常が隠居するにあたり、三男 利治に大聖寺7万石を与え立藩。

初代 前田利治
2代 前田利明
3代 前田利直
4代 前田利章
5代 前田利道
6代 前田利精
7代 前田利物
8代 前田利考
9代 前田利之
10代 前田利極
11代 前田利平
12代 前田利義
13代 前田利行
14代 前田利鬯


■大聖寺藩士の分限帳

【現存する分限帳・記録】
『大聖寺藩 侍帳』
利治公御入国之砌御割賦之衆 寛永19年、正保3年、承応元年、延宝2年等藩士禄高

天保元年頃・・・・・『大聖寺藩官禄帳』
天保15歳辰仲冬調・・・・・『御家中分限帳』
寛永16年から明治2年・・・・・『大聖寺藩執政参政之人名』
弘化、嘉永、安政の頃・・・・・『子爵前田家蔵の士族班席録』

※申し訳ありませんが上記・分限帳等の所在場所や内容についてのお問合せには応じられません。


■大聖寺藩士に見られる名字(苗字)
~『大聖寺藩 侍帳』 利治公御入国之砌御割賦之衆 寛永19年、正保3年、承応元年、延宝2年等藩士禄高 より~

青池 青木 青山 浅井 麻生 安達 姉崎 雨屋 雨夜 阿波賀 飯田 生田 生駒 石黒 石谷 市橋 一色 伊東 伊藤 稲垣 井野 井上 猪股 上木 上田 内田 宇野 浦上 江尾 江尻 江守 大井 太田 太駄 大西 大野 大橋 大宮 大森 岡崎 岡田 岡野 岡部 荻原 奥津 奥村 奥山 小栗 小澤 織田 小野 小野木 改田 加古 賀古 加才 賀才 梶川 樫田 梶原 勝木 金子 神尾 神野 神谷 鴨野 狩野 河合 河池 河上 河崎 川崎 河瀬 河地 川地 河村 木下 木村 草鹿 久津見 九津見 熊谷 倉知 栗田 桑原 小浦 小嶋 児玉 小塚 後藤 小原 駒澤 小森 才 齊藤 佐賀 坂井 酒井 佐久間 佐分 鹿野 柴山 渋谷 嶋田 清水 新 菅谷 杉 杉谷 杉野 杉原 杉山 杉若 鈴木 進士 須藤 諏訪 仙葉 副田 高木 高澤 高野 高橋 瀧 田口 竹腰 竹屋 竹矢 竹脇 立田 田中 田邊 谷 谷田 玉井 玉木 田丸 團 次藤 津田 土田 土山 堤 坪内 鶴見 出野 寺田 寺西 土井 時枝 冨田 冨矢 永井 中尾 中川 中澤 永沼 長沼 永屋 長屋 並河 波田 南部 二松 丹羽 二羽 野尻 野村 橋本 畑 服部 早崎 林 原 東方 東野 日向 平田 平野 廣瀬 深町 福岡 福嶋 藤井 藤田 不破 堀 堀江 堀口 堀越 前田 前波 牧 松田 松原 松村 松山 三澤 水越 水野 水原 南 宮井 宮木 宮北 三宅 宮永 宮部 村井 村田 毛利 本山 森 守岡 森澤 森本 安井 安彦 矢住 柳崎 山井 山内 山河 山川 山口 山崎 山路 山田 山羽 山本 山森 由比 油比 横井 横倉 横田 横山 吉田 依田 米倉 若林 若村 脇田 脇羽 和田 渡邊 渡部


※出来るだけ正確を期しておりますが間違いがない事を保証することは出来ませんし、いかなる損害にも応じられませんのでご了承ください。

新発田藩士

新発田藩士の先祖探し・家系図作成

■藩主の変遷
慶応3年(1598)、春日山藩主 堀秀治の与力 溝口秀勝が入封して立藩。以後、廃藩置県まで12代にわたり溝口氏が藩主をつとめる。 

初代 溝口秀勝
2代 溝口宣勝
3代 溝口宣直
4代 溝口重雄
5代 溝口重元
6代 溝口直治
7代 溝口直温
8代 溝口直養
9代 溝口直侯
10代 溝口直諒
11代 溝口直溥
12代 溝口直正


■新発田藩士の分限帳

【現存する分限帳・記録】
安政3年(1865)4月・・・・・『新発田藩武鑑』

※申し訳ありませんが上記・分限帳等の所在場所や内容についてのお問合せには応じられません。


■新発田藩士に見られる名字(苗字)
~安政3年(1865)4月『新発田藩武鑑』より~

会田 青木 赤塚 秋元 明田川 明間 浅川 朝倉 浅野 浅間 浅見 阿部 安部 天野 荒井 新井 安藤 飯島 飯田 飯村 家田 五十嵐 井崎 石井 石川 石黒 石沢 石田 石丸 石山 泉 磯岡 板垣 板倉 市川 市島 一柳 伊藤 井東 稲岡 稲垣 犬井 井上 猪股 今井 今村 入江 色田 上田 上野 上林 牛田 内山 宇野 梅田 梅原 浦野 漆間 江川 江口 榎本 遠藤 大井 大池 大岡 大河 大木 大倉 大沢 大関 太田 大滝 大竹 大武 大津 大塚 大西 大沼 大野 大橋 大針 大堀 多宮 大森 岡島 岡田 緒方 岡本 小川 荻野 荻間 奥田 小田 尾田 落合 小野 小野寺 帯 尾本 折笠 香川 柿本 加倉 笠井 梶 風岡 片桐 片山 勝見 桂 加藤 金子 金田 兼田 金藤 雅楽川 川合 川勝 川崎 川島 川嶋 川原 河村 神崎 神田 喜多尾 北見 北村 木戸 貴船 君 君川 君弥 木村 九原 清田 清野 金池 来川 国枝 久保 窪田 熊倉 倉島 栗原 栗山 来島 黒川 黒崎 黒田 黒鳥 桑原 桑山 小池 小熊 小坂 小坂井 小柴 小島 小谷 後藤 小浜 小林 小宮 小山 昆田 近藤 斎藤 坂井 酒井 坂上 坂田 坂部 先川 佐久間 佐倉 桜井 笹井 佐々木 笹瀬 佐治 佐谷 佐藤 里村 佐野 猿子 沢田 山荘 椎谷 塩原 志賀 宍戸 下 柴山 渋谷 島田 島津 島村 清水 志村 下妻 下村 庄田 白勢 新保 菅井 菅野 杉本 杉山 須佐 鈴木 須戸 瀬尾 関口 関谷 仙石 相馬 曽我 高内 高賀 高木 高坂 高崎 高沢 高島 高関 高田 高野 高橋 高久 高山 滝井 滝沢 田口 武内 竹川 竹村 多田 田中 田辺 谷 玉橋 田宮 田村 塚野 辻沢 津野 坪川 出村 寺尾 寺田 寺山 戸石 富樫 戸田 富田 長井 長尾 長岡 永喜多 長沢 中島 中嶋 長島 中野 中村 中山 名古屋 七里 並河 成田 南部 新野 西方 西潟 西沢 西村 西山 二戸 仁平 丹羽 布川 野尻 能勢 野瀬 能仲 野村 羽賀 橋本 長谷川 波多 羽多 畠山 羽多野 服部 花村 羽田 浜崎 浜田 早川 林 早津 速水 坂内 樋口 久代 菱田 肥田 兵頭 平賀 平瀬 平田 広瀬 深井 深野 福田 藤田 伏見 藤本 布施 船山 古石 古沢 古床 古山 星野 細野 堀 本間 前田 真柄 増田 股野 町田 松井 松尾 松岡 松田 松本 真野 丸田 三池 三浦 水島 水野 溝口 三田 皆川 箕輪 三原 宮浦 宮川 宮城 宮北 三宅 宮沢 宮原 宮本 向井 村尾 村上 村田 村松 村山 森 森川 森沢 森田 森山 師橋 諸橋 矢口 安田 矢田 柳川 山内 山岸 山口 山崎 山下 山島 山庄 山田 山名 山中 山野辺 山本 湯浅 由良 吉岡 吉川 吉田 吉原 六井 若月 若林 和気 脇本 鷲沢 和田 渡辺


※出来るだけ正確を期しておりますが間違いがない事を保証することは出来ませんし、いかなる損害にも応じられませんのでご了承ください。

川越藩士

川越藩士の先祖探し・家系図作成

■藩主の変遷
小田原北条氏の支配のもとでは、城代大道寺政繁が居城したが、天正18年(1590)浅野長吉らに攻められ落城した。関東に徳川家康が入国し、このとき酒井重忠が1万石で入城する。

酒井家
 ↓
酒井家
 ↓
堀田家
 ↓
松平(大河内)家
 ↓
柳沢家
 ↓
秋元家
 ↓
松平(越前)家
 ↓
松平(松井)家


■川越藩士の分限帳

【現存する分限帳・記録】
明治元年(1868)・・・・・『川越藩分限帳 上』

※申し訳ありませんが上記・分限帳等の所在場所や内容についてのお問合せには応じられません。


■川越藩士に見られる名字(苗字)
~明治元年(1868)『川越藩分限帳 上』 より~

相場 秋元 浅川 浅田 浅野 味岡 安達 阿部 天野 荒木 有田 有馬 井頭 飯田 生田 井口 池上 池宮 石井 石川 伊下 石田 石原 磯野 井代 一瀬 市村 伊藤 伊奈 稲垣 稲田 犬飼 犬塚 稲原 井上 伊原 今井 今沢 入江 岩崎 岩田 岩浜 岩本 岩路 上崎 上田 植田 上原 植村 牛沢 打出 宇津 梅川 梅田 梅津 江木 蛯沢 大井 大枝 大岡 大賀 大草 大崎 大須賀 太田 大嶽 大館 大達 大谷 大塚 大西 大橋 大屋 岡崎 小笠原 岡田 拝戸 岡野 岡原 岡村 岡本 岡山 小川 尾崎 小田 小谷 小原 恩田 苅米 柿田 角田 笠木 可児 片岡 勝田 勝永 加藤 門田 金田 金子 金山 神谷 河上 川上 川北 川口 川崎 川瀬 川野 川原 川部 川路 河本 川本 菊地 岸水 木村 久佐 櫛原 国府 熊谷 熊本 栗柄 栗田 来須 黒川 黒瀬 黒田 黒谷 小池 小泉 河野 小久江 小笹 肥塚 後藤 古名家 小林 小松 小村 近藤 斎木 斎藤 坂口 坂田 坂根 佐々 佐々木 笹田 佐々原 佐野 左右田 沢津 塩満 下山 斯波 篠原 柴谷 嶋崎 嶋田 清水 白井 進藤 菅野 杉本 鈴木 砂川 澄川 関 関川 関村 千足 田岡 高井 高木 高野 高橋 高浜 高原 高松 高村 滝 滝原 武井 竹内 武田 立田 田中 田辺 谷口 田野 田畑 田原 田宮 田村 田本 丹 丹波 津坂 辻 辻馬 都筑 鶴田 寺田 寺戸 土井 徳尾 徳田 豊田 鳥越 内藤 中井 長岡 中川 長沢 中嶋 永田 長田 中西 中根 永原 永見 中村 永村 長屋 成田 成瀬 南部 西岡 西川 西田 西村 二宮 根岸 根本 野尻 野田 野平 野村 則武 橋本 長谷川 幡生 波多野 八田 服部 花房 羽方 早味 早川 林 早水 原 原田 原村 春木 東 久代 日向野 平井 平田 平手 平野 平松 広瀬 福井 福岡 福田 福原 福本 福山 藤井 藤江 藤山 船田 文伝 古川 古沢 別所 星野 細川 堀 堀多 本多 増田 松井 松浦 松江 松尾 松川 松阪 松崎 松下 松中 松福 松丸 松本 松山 三浦 水野 三田 道谷 南 南波 三原 三藤 宮川 宮木 三宅 宮崎 三好 武藤 村井 村尾 村岡 村上 村川 村田 室田 目良 籾山 森岡 森田 森脇 八嶋 安井 安田 保田 安原 柳井 矢野 矢部 山岡 山口 山崎 山下 山田 山取 山根 山藤 山村 山本 横谷 横山 吉江 吉川 吉沢 吉田 吉仲 吉村 米原 米山 鷲頭 和多 和田 渡辺 綿部


※出来るだけ正確を期しておりますが間違いがない事を保証することは出来ませんし、いかなる損害にも応じられませんのでご了承ください。

行政書士 丸山 学

 maruyama.jpg  書籍/先祖を千年、遡る  書籍/家系図を作って先祖を1000年たどる技術  書籍/自分でできる家系図

◆家系図作成・先祖探しサービス
『1000年たどる家系図の作り方』

当事務所では、貴家のご先祖様を調査の上、家系図にお仕立てするというサービスを提供しております。

◆先祖調査の無料メールマガジン
『自分のルーツ(祖先)を1000年たどる技術』
月に2回程度、私(丸山学)が実際に行っているご先祖調査の模様やノウハウを書いて発行しています。


ツイッター



カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR