弘前藩士

弘前藩士の先祖探し・家系図作成

■藩主の変遷
戦国期までは南部氏の支配下にあったが、初代藩主 津軽為信(元は大浦姓)が戦国の動乱に乗じて天正16年までに統一を果たした。
天正18年、為信は豊臣秀吉の小田原攻めに参陣し、津軽の支配を承認され大名に上昇。
慶長5年、関ヶ原の戦いでは徳川方につき、論功行賞によって津軽の領主としての地位を確立した。以後、津軽家が藩主を務める。
 初代  津軽為信
 2代  津軽信枚
 3代  津軽信義
 4代  津軽信政
 5代  津軽信寿
 6代  津軽信著
 7代  津軽信寧
 8代  津軽信明
 9代  津軽寧親
 10代  津軽信順
 11代  津軽順承
 12代  津軽承昭


■弘前藩士の分限帳

【現存する分限帳・記録】
明治5年 『江戸御家中明細書』。江戸詰め藩士の家の由緒を書き上げたもの。
明治5年 『由緒書』。卒族と呼ばれる足軽など下級武士の家の由緒書き。
明治5年 『代数調』。同じく卒族と呼ばれる足軽など下級武士の家の先祖書き。

『弘前明治一統誌 第一巻 士族卒族名員録』
同書は旧弘前藩士・内藤官八郎(天保3年~明治35年)が幕末~明治初年にかけての弘前藩関連の記録を書き留めたもの。同人は藩政時代には日記役を務めていた人物であり、内容にも信頼が置ける貴重な史料。
これはその第一巻で、明治初年時点で弘前藩士だった人物を全て書き上げたもの。


※申し訳ありませんが上記・分限帳等の所在場所や内容についてのお問合せには応じられません。


■弘前藩士に見られる名字(苗字)
~天保3年(1832)~明治35(1902)年『弘前明治一統誌 第一巻 士族卒族名員録』より~
相坂  間宮  間山  赤石  明石  赤平  赤松  秋元  浅越  浅田  浅利  足田  阿部  阿保  荒川  荒木関  荒田  安藤  飯田  五十嵐  生駒  伊崎  石岡  石川  石郷岡  石沢  石田  石戸谷  石橋  石火矢  板垣  市川  一戸  一ノ坪  伊東  伊藤  稲城  稲見  井上  猪股  今  今井  今西  岩佐  岩﨑  岩渕  岩村  上原  薄田  内田  蝦名  海老名  大井  大川  大沢  大澤  大瀬  太田  大谷  大塚  岡  小笠原  岡野  岡本  奥瀬  小栗山  尾崎  小山内  長内  尾関  小田  織田  乙部  小野  折笠  加賀田  柿崎  角田  葛西  梶  梶川  梶谷  柏  柏原  堅田  金沢  金田  金谷  兼池  金岡  兼平  兼松  鎌田  神  唐牛  河井  川口  川越  川崎  川田  川村  菊池  木崎  北川  木立  木中  木村  九戸  清野  清藤  桐山  久我  久慈  櫛引  葛巻  工藤  久保田  熊谷  粂田  倉田  栗林  黒石  黒滝  桑田  毛内  兼  小坂  小嶋  小杉  児玉  後藤  小村  小山  近藤  斉藤  榊  坂田  坂本  佐川  桜田  桜庭  笹  佐々木  笹田  笹村  笹森  佐藤  佐野  佐山  沢  三戸  塩崎  塩見  鹿内  柴田  柴谷  渋江  渋谷  嶋田  清水  下山  白井  白川  白戸  白取  白銀  新岡  新谷  杉浦  杉沢  杉野  杉本  杉山  助川  鈴木  須藤  諏訪  瀬尾  瀬良  相馬  添田  則田  外崎  大道寺  高木  高崎  高杉  高瀬  高田  高松  高屋  高山  田川  滝川  竹内  武田  竹中  竹村  只木  建部  田中  谷口  種市  玉井  田村  丹藤  千嶋  乳井  千葉  對馬  手塚  寺田  寺山  東海  徳下  戸野  飛島  富山  豊嶋  豊田  長尾  永沢  中田  中野  中畑  中丸  中村  梨田  七戸  浪岳  奈良  奈良岡  成田  鳴海  二川原  西岡  西村  西山  沼田  野崎  野尻  野村  野呂  羽賀  芳賀  萩原  橋岡  橋本  長谷川  長谷部  秦  畑  服部  花田  馬場  濱田  林  原子  原田  晴山  伴  樋口  菱川  人見  火沼  平井  平岡  平川  平塚  平沼  平野  平山  廣嶋  廣田  福沢  福士  福嶋  福野  藤井  藤澤  藤田  舟水  古川  古田  古村  古山  星  堀内  本間  前田  昌樹  柾木  増田  町田  松井  松川  松下  松本  蒔苗  三浦  三上  水木  溝江  皆川  湊  宮川  宮下  宮田  宮本  武藤  村井  村上  村田  村谷  百川  百田  森田  森山  矢川  矢嶋  安田  弥田  柳田  山上  山内  山形  山口  山崎  山下  山澄  山田  山部  山本  山屋  湯浅  湯口  油布  横岡  横山  吉尾  吉岡  吉崎  吉田  吉町  吉村  与田  米橋  若松  若山  和嶋  和田  渡辺


※出来るだけ正確を期しておりますが間違いがない事を保証することは出来ませんし、いかなる損害にも応じられませんのでご了承ください。

黒石藩士

黒石藩士の先祖探し・家系図作成

■藩主の変遷
交替寄合の旗本である黒石津軽親足が文化6年に宗家弘前藩主寧親から6000石を分知され1万石の大名に昇格して成立した。
 初代  津軽親足  
 2代  津軽順徳  
 3代  津軽承保  
 4代  津軽承叙


■黒石藩士の分限帳
『津軽黒石藩史』。弘前藩の支藩であった黒石藩の記録。
明暦2年(1656)から明治4年までの家臣団の名前が見られる。

【現存する分限帳・記録】
明暦2年(1656)から明治4年(1871)・・・・・『津軽黒石藩史』

※申し訳ありませんが上記・分限帳等の所在場所や内容についてのお問合せには応じられません。


■黒石藩士に見られる名字(苗字)
~明暦2年(1656)から明治4年(1871)『津軽黒石藩史』より~

逢坂  青木  秋庭  秋葉  秋元  浅石  莇田  安孫子  阿部  池平  石川  石澤  和泉  伊勢屋  一井  市原  伊東  伊藤  今  今田  岩間  上田  上原  宇佐  宇佐美  碓水  内田  蝦名  太田  大高  大野  大湯  岡崎  小形  岡村  尾坂  尾崎  小田桐  小田切  落合  小野  加賀屋  梶野  柏  加藤  兼田  鎌田  唐牛  唐子  川崎  川村  木立  木田  北角  木村  清野  清藤  工藤  熊木  倉田  蔵本  黒石  小枝  小杉  小使  小林  小日向  小湊  小室  小山内  権野  斉藤  境  堺  酒井  榊  佐々木  笹館  笹原  佐藤  里見  佐山  澤井  三世寺  渋川  嶋田  白井  新岡  菅沼  杉山  鈴木  須藤  駿河屋  関  外崎  園部  祖父尼  祖父児  高井  高谷  髙橋  高屋  瀧口  竹内  竹川  田崎  種市  千葉  長  辻  對馬  辻村  坪谷  寺田  天内  土岐  長内  長崎  中嶋  中谷  中村  七尾  奈良  成田  鳴海  野際  野尻  野原  信田  野村  野元  野呂  長谷川  畑井  発田  花田  濱田  林  原  伴  常陸屋  斉衣  福井  福士  藤野  伏見  藤本  古澤  堀内  前田  蒔苗  益子  益田  松野  松見  丸山  満谷  三浦  三國屋  三島  水田  溝江  美谷  箕輪  箕輪田  棟方  盛  盛田  森山  矢城  山内  八巻  山口  山崎  山田  雪田  横山  吉田  吉永  吉村  米内  米田  和田


※出来るだけ正確を期しておりますが間違いがない事を保証することは出来ませんし、いかなる損害にも応じられませんのでご了承ください。

斗南藩士

斗南藩士の先祖探し・家系図作成

■藩主の変遷

明治3年に旧会津藩士の謹慎が解かれ、その会津藩士を母体として成立した藩。
藩主は会津・松平容保の嫡男・容大。
明治4年の廃藩置県で斗南藩も消滅。斗南県となる。


■斗南藩士の分限帳
わずか1年しか成立していない幻の藩なので分限帳と呼べるものはない。
明治14年の『旧斗南藩人名録』に当時の当主が居住地ごとに記載されているので、斗南藩士の先祖探しには役立つ。その『旧斗南藩人名録』が収録された書籍『会津藩 斗南へ』(星亮一著 三修社)はご先祖の苦労を知る上でも役立つ。
ご先祖が斗南藩士の場合には、会津藩の記録に遡って調べたい。

会津藩 斗南へ―誇り高き魂の軌跡会津藩 斗南へ―誇り高き魂の軌跡
(2009/08)
星 亮一

商品詳細を見る




【現存する分限帳・記録】
『斗南藩職員録』
『旧斗南藩人名録』(明治14年)

※申し訳ありませんが上記・分限帳等の所在場所や内容についてのお問合せには応じられません。


■斗南藩士に見られる名字(苗字)
~明治14年『旧斗南藩人名録』より~

阿妻  阿部  渥味  安恵  安田  安藤  安部井  伊関  伊沢  伊藤  伊波  伊与田  井関  井上  井深  井沢  一ノ瀬  一瀬  一柳  印出  羽生  羽島  浦野  永井  永岡  永瀬  永田  永峯  榎本  円城寺  園都  遠山  遠藤  塩見  塩崎  塩沢  横山  岡  岡村  岡部  岡本  屋降  下平  加賀  加賀屋  加賀山  加藤  河原  河村  河野  海老名  皆川  外島  角  角田  笠屋  蒲生  管  間野  関  関屋  関崎  関場  丸山  岸  岩  岩田  岩渕  騎西  菊地  菊池  吉岡  吉川  吉村  吉田  吉野  宮下  弓田  弓木  橋原  橋爪  橋本  玉木  桐生  金子  金沢  窪田  熊沢  熊谷  栗原  栗林  桑原  君島  慶徳  穴沢  結城  県  原  原田  弦木  古水  古川  戸枝  戸狩  戸田  五十嵐  五島  後藤  光岡  好川  工藤  広沢  江口  江川  荒井  荒瀬  荒川  荒木  香坂  高橋  高山  高沢  高津  高島  高畑  高北  高木  高野  高浪  黒河内  黒沢  今泉  今村  根橋  根津  根本  佐々木  佐治  佐瀬  佐川  佐藤  佐野  斎藤  細谷  坂井  坂部  坂本  桜井  笹原  三浦  三橋  三上  三星  三宅  三沢  三瓶  山浦  山口  山崎  山川  山村  山田  山内  山本  市原  志賀  志村  糸川  寺田  自土  鹿目  篠原  篠崎  篠田  柴  柴宮  若松  若林  手代木  酒井  宗像  秋月  秋山  秋尾  十倉  渋川  出羽  春日  鋤柄  小関  小熊  小原  小荒井  小山  小室  小出  小松  小沼  小森  小杉  小川  小倉  小滝  小沢  小池  小町  小町屋  小田切  小島  小幡  小桧山  小野  小野崎  小野田  小林  小櫃  庄田  松井  松原  松倉  松田  松本  松木  沼川  沼沢  渉岡  上伊南  上遠野  上原  上崎  上田  上野  乗田  常世  新井  新妻  森山  森代  森田  深瀬  真柄  神山  神谷  神田  神尾  神林  仁科  諏訪  須貝  須佐  須田  須藤  推野  水島  水野  杉浦  杉見  杉本  菅井  菅沼  成沢  成田  星  星符  星野  栖川  清野  生亀  西岡  西窪  西川  西村  西東  青山  青津  青木  石井  石原  石黒  石山  石川  石塚  石渡  赤羽  赤岡  赤松  赤沼  赤城  赤川  赤塚  千葉  千里  川井  川口  川崎  川村  川島  川名  浅井  浅沼  船橋  船山  船田  倉沢  早川  相川  相沢  相田  相馬  草刈  増子  束原  村井  村岡  村松  村田  村木  太田  太田原  大垣  大宮  大戸  大石  大草  大村  大竹  大塚  大槻  大庭  大島  大東  大内  大堀  鷹箸  沢  沢井  沢田  沢野  辰野  棚木  谷川  丹羽  池上  池田  竹永  竹山  竹村  竹内  秩父  中丸  中原  中山  中川  中村  中田  中島  中野  中林  猪俣  猪野  町田  長坂  長山  長沢  長谷川  長尾  津吉  津川  津村  津田  塚原  辻  田口  田崎  田中  渡部  渡辺  土屋  土子  土方  唐木  島影  島倉  島田  東  東海林  東条  桃沢  藤井  藤森  藤沢  藤田  内海  内村  内田  南  南摩  南葉  二瓶  日下部  日向  馬場  梅田  柏原  柏崎  柏村  白井  白岩  薄  畑  畠山  八島  半沢  板橋  飯田  飯東  樋口  桧山  蛭田  浜崎  富岡  富藤  武井  武石  武川  武田  武藤  風間  服部  福原  福田  平向  平山  平出  平瀬  平田  平野  片岡  片峯  保科  保志  峯  芳賀  北見  北村  牧原  牧田  堀  本間  本郷  本田  本名  名越  名倉  木間  木村  木沢  木田  木藤  木野田  目黒  野口  野村  野田  野島  矢羽  矢島  矢野  柳下  柳沢  有賀  有坂  立石  立川  林  鈴木  蓮沼  和田  脇坂  枋木  簗取  簗瀬 

※出来るだけ正確を期しておりますが間違いがない事を保証することは出来ませんし、いかなる損害にも応じられませんのでご了承ください。



行政書士 丸山 学

 maruyama.jpg  書籍/先祖を千年、遡る  書籍/家系図を作って先祖を1000年たどる技術  書籍/自分でできる家系図

◆家系図作成・先祖探しサービス
『1000年たどる家系図の作り方』

当事務所では、貴家のご先祖様を調査の上、家系図にお仕立てするというサービスを提供しております。

◆先祖調査の無料メールマガジン
『自分のルーツ(祖先)を1000年たどる技術』
月に2回程度、私(丸山学)が実際に行っているご先祖調査の模様やノウハウを書いて発行しています。


ツイッター



カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR