陪臣の先祖探し(先祖が藩士に見つからない場合)

ご先祖は武士の筈なのに藩の記録(分限帳など)に名前が見当たらない~という事も多々あります。

考えられる原因の最大のものは、実は正式な藩士ではなく(藩主から見て)家臣の家臣であった…いわゆる「陪臣」と呼ばれる立場であったというものです。

陪臣については原則、藩の分限帳にも記載されません。 要は藩士が個人的に自分のポケットマネーで雇っているというイメージです。
しかし、武士に雇われて仕事をしているのだから拡大解釈すれば「武士」であるともいえます。武士ではあるけど藩士ではない~という事になります。

余談ですが、各藩の正式な藩士も徳川将軍から見れば「陪臣」です(徳川将軍からみれば大名が家臣であり、その大名の家臣である藩士は家臣の家臣です)。

さて、徳川家からみた陪臣の話はさておき、いわゆる各藩の陪臣の先祖探しについてです。
これは正直、なかなか難しいものがあります。

農民であれば村の「宗門人別帳」「検地帳」等の古文書に名前が出てきて、それにより江戸期のご先祖まで調査できる事が多い。一方、正式な藩士であれば藩の分限帳に記録されるので、こちらも調査がしやすい。その間にすっぽりと抜け落ちて記録に残りづらいのが「陪臣」という立場です。

但し、それでも(全国的に見れば僅かですが)陪臣の記録が残っている場合もあります。

一例ですが、仙台藩士に佐藤氏がおり、佐藤氏は代々多くの家臣を抱えていました。
佐藤氏が領した土地に小斎村(現宮城県丸森町)があるのですが、ここに居住していた人で佐藤家の家臣である家が多くあります。
しかし、仙台藩から見れば「藩士」ではなく家臣の家臣(陪臣)という事になります。
こうした場合、『丸森町史』といった郷土史を丹念にみていくと「小齋佐藤家文久年間人頭禄高調帳』という文書が掲載されています。
ここに佐藤家の家臣名が書き出されています。いわば陪臣の分限帳です。 こうしたものも僅かですが残されています。

ですので、「どうやら陪臣だったのではないか?」と考えられる状況になりましたら郷土史などから陪臣の記録がないかどうかを調べるとよいでしょう。

武士であったと伝わるのに古い戸籍まで取得した結果、村に居住していたという場合には陪臣である可能性が高そうです(正式な藩士は城下に居住しているのが原則)。





行政書士 丸山 学

 maruyama.jpg  書籍/先祖を千年、遡る  書籍/家系図を作って先祖を1000年たどる技術  書籍/自分でできる家系図

◆家系図作成・先祖探しサービス
『1000年たどる家系図の作り方』

当事務所では、貴家のご先祖様を調査の上、家系図にお仕立てするというサービスを提供しております。

◆先祖調査の無料メールマガジン
『自分のルーツ(祖先)を1000年たどる技術』
月に2回程度、私(丸山学)が実際に行っているご先祖調査の模様やノウハウを書いて発行しています。


ツイッター



カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR